片付けはどこから始めるべきか?苦手は方は台所や洗面所がオススメ!

[st-kaiwa2]家の片づけを始めたい。

でも、散らかりすぎててどこから手を付けたらいいかわからない。

どこから始めるのがいいんだろう[/st-kaiwa2]

この記事ではこんな疑問に答えます。

ざっくりとして結論としては、台所や洗面所がおすすめです。

[st-kaiwa1]整理収納アドバイザーのショウヤです。ツイッターもやってます。お問い合わせはこちらまで。[/st-kaiwa1]

目次

片付けで重要なのは減らす事

まず、片付けで重要な点を確認します。それに合わせて、どこから手を付けるのがいいか考える必要がある為です。

かたづけで重要なのは、モノの量を減らすことです。いろんな片付けの本やブログでも、捨てる事が重要と聞いたことがあるかもしれません。

私としては、必ずしも捨てる必要はないと思っていますが、モノを減らすことが片付けにおいて重要であると考えています。

やっぱり、物量がそのまま整理・収納の難易度になってくるためです。

その観点から、モノを減らしやすい場所は片付けとして手を付けやすいと考えられます。

そして、モノを減らしやすいのは、台所や洗面所なのです。

その理由を以下で説明します。

[st-card myclass=”” id=135 label=”関連記事” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on” thumbnail=”on”]

洗面所か台所がオススメな理由

面積が狭い

まず、そもそも家の中で比較的面積が少ないスペースだからです。リビングや寝室等はそもそも面積が広いため、今あるものを把握するだけでも大がかりです。

その点、台所であれば数畳、洗面台であればもっと狭いでしょう。

既に説明したように、モノの量が多いほど片付けの難易度は上がります。

そもそもの物量が小さそうな狭いスペースから着手しましょう。

捨てるものがわかりやすい

モノを減らそうと考えた時、一番最初に簡単にできる事はなんでしょうか。

それは、明らかに不要な物をとにかく処分する事です。

整理(≒モノを減らす)をする時に困るのは、手放すかどうか迷う物が出てきた時です。

使っていない家電や雑貨が出てきた時、まだ新品だったりきれいな状態だとどうしても手元に置いておきたくなります。

そういったものが比較的少ないのが、台所や洗面所です。

例えば台所が散らかってモノがあふれている家の場合、すでに賞味期限が切れている食材や調味料があったりします(私の実家もこのタイプです・・・)。この場合、悩む余地なく賞味期限が切れているものは捨てられますよね。

他にも、ため込んでいるコンビニの割りばしやスプーンなんかも手放しやすいです。まだ使えると思うかもしれませんが、簡単に手に入りますし、そもそも普通のスプーンがあれば不要と考える事ができます。

片付け本を出されている池田暁子さんも台所から着手して成功したとおっしゃっています。

エッセイコミックになっていてさっと読める量なので、興味のある方は読んでみてください。

[st-card myclass=”” id=287 label=”関連記事” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on” thumbnail=”on”]

 

まとめ

今回は片付けの際に手を付けやすい場所を紹介しました。

何から手を付けたらいいかわからない!ってなってる人は、とにかくまずは明らかに捨てていいものをとにかく捨てていきましょう。

そういったものが見つかりやすいのが、今日紹介した台所と洗面所になります。

いきなりキレーな状態にするのは難しいので、まずは一歩、簡単に捨てられるものを探してみてください。モノが減っていくと、達成感も出てきてモチベーション上がりますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

整理収納アドバイザーのショウヤです。家の収納を増やせるトランクルームについて発信しています。

家を綺麗にしたら気持ちも頭もスッキリしてから、片付けにハマりました。
本業はメーカーのエンジニア。趣味はDIY。

コメント

コメントする

目次
閉じる