宅配型トランクルーム

宅配型トランクルーム10社を比較!片付けのプロが後悔しない選び方を解説します。

宅配型のトランクルームを調べるといろんなサイトが出てきます。種類が多すぎて、どれを選んだらいいか分かりにくいですよね。

どれも基本的な部分は同じサービスですが、各社で異なるポイントがたくさんあります。自分の利用目的に合ったサービスを使わないと、余計な費用が掛かるといった失敗をしてしまうかもしれません。

本記事では初めて宅配型トランクルームを使う人にもわかりやすいようにメジャーな10社を比較しています。サービスを選ぶ際の参考にしてください。

ショウヤ
整理収納アドバイザーのショウヤです。ツイッターもやってます。お問い合わせはこちらまで。

サイズ別のお勧めサービス

比較の前に、簡単におすすめサービスだけ知りたい方のためにサイズ別で2社紹介しておきます。

箱に入れて小さいモノを預けるタイプと箱に入りきらない中・大型のモノを預けるタイプの2種類を紹介します!

ショウヤ
じっくりサービスの比較をしたい方は飛ばしてもらってOKです!!

【小さいモノ】本や衣服等小さいモノを箱に入れて預けたい

箱に入れられるモノを預けたいならサマリーポケットがオススメです!

 

ポイント

  1. 月額利用料300円でスタッフが1点ずつ画像化
  2. 専用BOXが無料で届く
  3. 専用アプリが使いやすい

サマリーポケットは全国対応のボックス型の宅配型トランクルームになります。

クリーニングやハンガー保管といったオプションプランも豊富で、ちょっとした収納スペースを増やしたい方に広くお勧めできるサービスです。専用アプリが非常に使いやすいので、預けた後の管理が楽な所もgoodです!

【大きいモノ】ゴルフバッグ等箱に入らないモノを預けたい

箱に入らない中・大型品を預けたいなら宅トラがオススメです!

 

ポイント

  1. 全国対応
  2. 配送はすべてクロネコヤマトで安心!
  3. ベッド等の大型家具でも引き取り可能!

 

宅トラは宅配型トランクルームで唯一の全国展開している大型品対応サービスです。

大きな荷物こそ収納する場所に困りますし、運ぶのも大変ですよね。宅トラなら大きな家具でも自宅まで引き取りに来てくれて、スタッフさんに渡すだけです。自分で荷物を運ぶ必要がないという宅配型トランクルームのメリットは、大型品でこそ活きてきます。

初回の配送料こそかかりますが、月額保管料も店舗型のトランクルームと比べて割安です。短期間の利用には向きませんが、すぐに取り出す予定がない大型品に関してはコスパ良しです。

宅トラについての詳細を知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

宅トラは大型荷物を自分で運ばずに預けられる!評判やメリットを解説します。

詳しくはコチラ

 

※東京近郊住まいならエアトランクもおすすめ!

東京近郊(東京、神奈川、千葉、埼玉)にお住まいの方であれば、同じく大型品対応しているエアトランクもおすすめです

こちらは荷物の取り出し送料も無料なことが特徴です。一般的には預け入れ送料は無料でも、取り出しまで無料になるところはありません。月毎に回数の上限はあるものの、預け入れも取り出しも送料無料なのはエアトランクだけです。

ショウヤ
運送業界の方には申し訳ないですが、やっぱり荷物を保管するために送料が高いともったいなく感じてしまいますよね。エアトランクでは送料を気にせず荷物を出し入れできます。

エアトランクの詳細解説記事はコチラ↓

エアトランクは出し入れの送料が全て無料!評判やメリットを解説します。

宅配型トランクルーム10社比較表

下の表が10社の比較表になります。

各社の特長を見比べる際に使ってください。各社の特長は次の章で詳細に解説します。

サマリーポケット ミニクラ シェアクラ CARAETO AZUKEL
対応エリア 全国 全国 全国 全国
全国
(一部東京近郊)
対応プラン ボックス
大型
ボックス
大型

大型
ボックス
大型

大型
初月費用 月額保管料(日割り) 月額保管料(月割り) 月額保管料1ヶ月(送料込) 月額保管料(日割り)
最低月額保管料(円) 250 250 100 240 400
預け入れ送料(円) 無料 無料 無料 240 0
取り出し送料(円) 800~ 1000~ 600~ 800~ 1100~
大型品対応 不可 不可 不可
最低利用期間 2ヵ月 2ヵ月 2ヵ月 なし なし

 

エアトランク 宅トラ klassy ヨドクラウド物置 ヒロイエ
対応エリア 東京近郊、大阪、愛知 全国 東京近郊、仙台 全国 東京近郊
対応プラン ボックス
大型
ボックス
大型

大型
ボックス
大型

大型
初月費用 月額保管料(月割り) 月額保管料(月割り)
預け入れ送料
月額保管料(月割り)
預け入れ送料
月額保管料(月割り) 月額保管料(月割り)
預け入れ送料
最低月額保管料(円) 1000~ 1480~ 3000~ 550~ 3980~
預け入れ送料(円) 無料 1500~ 15000~ 無料 1800~
取り出し送料(円) 無料 1500~ 15000~ 880~ 1800~
大型品対応
最低利用期間 3ヵ月 6ヵ月 なし なし なし

※対応プランの欄では、箱に入れずに預けるプランを大型と表記しています。

 

宅配型トランクルーム10社の特長紹介

サマリーポケット

対応エリア

全国

 

特徴

  • 豊富なオプションやボックスバリエーション
  • 専用アプリが使いやすい
  • 専用ボックスを無料で受け取れる

 

サマリーポケットはオールマイティにサービスが充実しています。

ボックスは3種類のサイズから選ぶことができ、オプションも豊富。オプションはクリーニングやハンガー保管、ヤフオク出品などがあります。

ボックスの種類が多く、収納の観点からもサイズに合わせてボックスを選べて便利です。ちょうどいいサイズの箱がないといった問題が起きにくいです。

さらに専用のアプリも使い勝手がよく、荷物の取り出し等、各種申し込みはすべてアプリ上で行うことができます。

注意ポイント

大型サイズは不可。あくまでボックスに入るモノしか預けられません。

詳しくはコチラ

minikura

対応エリア

全国

 

特徴

  • 1年以上の保管で取り出し送料無料
  • クローゼットプランが安い
  • クリーニングパックあり

サマリーポケットと似たところの多いサービスです。

基本的に保管料に大きな差はありませんが、クローゼットプランがお得です(10着500円/月)。ハンガー保管する衣類を預けるならminikuraがおすすめです。

他にも、1年以上保管することで取り出し送料が無料になります。長期間預ける予定があるなら、お得に利用できます。

 

注意ポイント

大型サイズは不可。1年未満での取り出し送料がサマリーポケットに比べて若干高い。

詳しくはコチラ

 

CARAETO(カラエト)

対応エリア

全国

 

特徴

  • フリマ機能がある
  • 自前段ボールを使用可能
  • 楽天IDでログインできる(楽天payで支払いも可能)

CARAETO(カラエト)は荷物を預けるだけでなく、フリマアプリの機能も付いているのが大きな特徴です。イメージとしてはメルカリの機能がカラエトの中にある感じです。預けている本や洋服がもういらなくなったら、そのまま出品できるのでお手軽に売ることができます。

しかも、写真撮影等の通常面倒な作業はCARAETOスタッフにしてもらえるので、気軽に出品する事ができます。もちろん他の人が出品した物も買えます。

楽天IDでログインできるのも登録の手間が省けてありがたいですね。

 

注意ポイント

楽天payはフリマ機能には使えない。

初月は月額保管料が日割り計算されない。預けるなら月初からがおすすめ。

詳しくはコチラ

シェアクラ

※現在新規申し込み停止中(21年3月)

対応エリア

全国

特徴

  • 業界最安100円のプランがある
  • 大型品の保管も可能(東京限定)
  • ボックスのバリエーションが豊富

シェアクラは業界最安の月額保管料100円のプランがあります。ただしその他のプションはなく、シンプルな荷物の預け入れサービスです。サイズが小さいものを預けたい場合はシェアクラがオススメです。

さらにボックス保管だけでなく、大型品の収納ができるスペースプランもあります。ただし、東京近郊のみが対象となるためご注意ください。

注意ポイント

※現在新規申し込み停止中

スペースプランは東京限定

オプションは特になし

詳しくはコチラ

AZUKEL

対応エリア

全国

但し、スペース保管は東京近郊のみ

特徴

  • 取り出し月の料金も日割り計算
  • 自前段ボール可能
  • 大型品の預け入れ可能

AZUKELは月額保管料の最低価格が400円と他社より若干高いものの、預け入れも取り出しも月額利用料を日割りにしてくれます。特に取り出し月に関しては、他社では日割りにならないことが殆どです。預けるのも取り出すのもタイミングを気にしなくていいのは嬉しいですよね。

自前段ボールも利用できるので専用ボックスを取り寄せる必要なく、自宅の収納が増えた感覚で使えます。

また、箱に入らない大型品を預けられるスペースプランもあります。ただし、東京、埼玉、千葉、神奈川のみ対応のため、その他の地域にお住まいの方は別サービスを利用しましょう。全国対応の大型品トランクルームなら宅トラがオススメです。

注意ポイント

大型品は東京近郊のみ

【AZUKEL】詳しくはコチラから

詳しく解説した記事はコチラ↓

AZUKELはシンプルな収納サービスで圧倒的に使いやすい!評判やメリットを解説!

 

エアトランク

対応エリア

東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、愛知

特徴

  • 取り出し送料も無料
  • 荷物をスタッフで運んでくれる
  • 無料で何度も預け入れ、取り出しができる

エアトランクは他のサービスと異なり、荷物の取り出し送料も無料です。預け入れも取り出しも送料無料ですが、回数には制限があります。

例えば、最安の段ボール三個プランであれば、月に6回まで無料で荷物の移動ができます。3箱預ける時に3回、3箱取り出す時に3回とカウントされるので、一か月以内にすべての荷物を取り出してもすべて送料は無料です。

よほど頻繁に取り出さない限り上限は超えなさそうですね。

注意ポイント

東京近郊と大阪、愛知のみ対応

エリアによって価格が若干異なる

公式ページはコチラ

詳細解説記事はコチラ↓

エアトランクは出し入れの送料が全て無料!評判やメリットを解説します。

ヨドクラウド物置

対応エリア

全国

特徴

  • 1年4カ月以上の預け入れで取り出し送料無料
  • 段ボールプランの箱が大きめ
  • 大企業(一部上場)が運営していて安心

東証一部上場の淀川製鋼所が運営するサービスです。従業員数は連結2000人以上いる大企業なので安心して利用できます。

ボックスプランで利用する専用の箱は120サイズ段ボール2個分の大きさです。これは宅配型トランクルームの中では大きめのサイズです。少量だけ預ける場合は適しませんが、ボックスにたくさん入れて預けたい人にはお勧めです。月額保管料も500円とワンコイン価格になっています。

また、ゴルフバッグを預けるプランは月額保管料も取り出し送料も他社に比べて安く、お得です。取り出し時は直接ゴルフ場の送ることもできるので、手ぶらでゴルフ場まで行くことも可能です。

注意ポイント

小さいボックスのプランがないため、少量だけ預けたい人には不向き。

詳しくはコチラ

宅トラ

対応エリア

全国

特徴

  • 大型品に全国対応している唯一の宅配型トランクルーム
  • 配送はすべてクロネコヤマトで安心
  • 大型品は月額保管料が安い

大型品に対応している宅配型トランクルームはいくつかありますが、全国対応しているのは宅トラのみです。他のサービスは実質東京近郊のみの所が多いため、その他地域の方の強い味方です。また、大型品の保管は月額料金も低めです。

荷物のサイズは最大で3辺の合計が450cmまで対応しています。ソファやベッドといった大型の家具でも預ける事ができます。

荷物の輸送は業務提携しているクロネコヤマトがすべて行います。大手の配送業者が対応してくれるのは安心です。

 

注意ポイント

初期配送料が必要。

最低利用期間が6カ月の為、短期利用の方には不向き。大型品を中・長期預ける予定の方にはお勧めです。

詳しくはコチラ

klassy

対応エリア

関東、仙台

特徴

  • カーゴやルームといった独特の大型収納ボックス
  • 大型品専門サービス
  • 単身なら家財丸ごと預けることも可能

klassyは大型品の預け入れがメインのサービスです。カーゴやルームといった大きな入れ物に収納して預け入れしますカーゴに乗せれば小さいものも預ける事はできますが、少量だけ預けるプランはありません。

しかし、大きなルームを使うクラッシィ・ラージプランなら単身者の家財丸ごと入るくらいの収納があります。長期で家を空ける場合などに、まとめて保管しておくことができるのは強みですね。配送料はかかりますが、月額保管料は低めです。

注意ポイント

東京近郊と仙台のみ対応。

少量の預け入れには不向き。

送料と月額料金がかかるため、短期利用はコスパが悪い。

詳しくはコチラ

ヒロイエ

対応エリア

東京近郊

 

特徴

  • 物量をキューブという独自の単位に置き換えて換算する
  • 自前段ボール可能
  • 0.2~1.0畳の中サイズスペースに特化

ヒロイエは小・中サイズのスペース保管に特化した宅配型トランクルームです。荷物のサイズにはキューブという独自の単位を用いて送料を決定します。例えば、160型の段ボール2箱で2キューブとなり、送料は1800円になります。

キューブの換算に関してはホームページに詳しい表が記載されています。独特の仕様なので利用する際はちゃんと預ける物のキューブ数を把握して申し込まないと、想定以上の料金がかかってしまう可能性があります。

注意ポイント

東京近郊のみ。

キューブ数の換算が面倒。

詳しくはコチラ

宅配型トランクルームのメリット

自分でモノを運ぶ必要がない

宅配型トランクルームであれば、家の中で箱詰めするだけであとはスタッフさんが運んでくれます。大型品でも、自分で運ぶ必要がないので時間的にも体力的にもとても楽です。

家の収納の様に使える宅配型は少ない労力で預けられて楽チンです。

写真を撮ってくれる

収納の怖いところは、何をしまったかわからなくなってしまう事です。宅配型トランクルームは家の外に預けるので、ちゃんと何を預けているか把握しておかないと忘れてしまいます。

そのためには写真を撮っておくことが有効ですが、自分で一個ずつ撮るのは結構手間です。

そんな手間を大体50~100円でスタッフさんに代行してもらえます。ほとんどどの会社でもやってくれるサービスなのであまり注目されないですが、写真撮影代行は宅配型トランクルームで一番お得なサービスだと思います。

ショウヤ
収納する物を写真化して管理するのは大変・・・!代行してくれる業者さん神です。

利用料金が低い

宅配型トランクルームは店舗型のトランクルームに比べて安い所が多いです。

小さなボックスだけ預ける場合は、月額保管料数百円で利用できます。店舗型の場合はどんなに安くても数千円はかかってしまうので、比べるとかなり安く済みます。

預ける量がそこまで多くないなら宅配型がおすすめです。

宅配型トランクルームのデメリット

取り出すまでに時間がかかる

宅配型トランクルームでは急ぎであっても直接荷物を取り出すことはできません。取り出しの依頼をかけても、受け取れるのは最短で翌日になります。

セキュリティ管理の為、スタッフ以外は荷物の保管場所までは入れないので、急に使う可能性のあるものは預けないようにしましょう。

東京近郊のみ対応のサービスがある

東京近郊の方にとってはメリットかもしれませんが、東京以外に住んでいる人の方が多いので、対応エリアが狭いのはやはりデメリットですね。地域が限定されているサービスは下の4つです。

  • エアトランク
  • ヒロイエ
  • klassy
  • AZUKEL(スペースプラン)

いざ申し込む段階で自分のエリアが対応していなかった!なんてことがないように、最初に確認しておきましょう。

支払いがクレジットカードのみ

宅配型トランクルームではほとんどのサービスで支払いがクレジットカードになっています。

JCBの調査ではクレジットカードの保有率は86.6%との事でした。多くの人はクレジットカードのみ対応でも支払いはできるから問題ないと考えられているのでしょう。

しかし、現金やQR決済など、世の中的には支払い方法の選択肢が増えている中でクレジットカードしか使えないというのは、若干使い勝手が悪いですね。

サービスを選ぶ時のポイント9選

1.対応エリア

まず対応エリアの確認が最優先です。

自分の住んでいる地域がサービスの対象外だったら、どんなにプランを調べても無駄になってしまいます。

東京近郊のみ対応のサービスもいくつかあるので、最初に確認しておきましょう。

ショウヤ
必ず最初に自宅が対応エリアに含まれているか確認しましょう!

2.対応サイズ

各社によって大型の荷物が得意なところと小型の荷物が得意なところがあります。

段ボール一つ預けたいのか、スキー板やタンスなど大型のモノを預けたいのかで選ぶ会社が変わってきます。自分が預けたいモノのサイズや量で最適なところを選びましょう。

3.初期費用

利用あたって最初にかかる費用は気になりますよね。

初期費用として掛かってくるのは主に下の項目になります。各社で掛かる費用に差が出てくるポイントになります。

  • ボックス料
  • 預け入れ配送料
  • 月額保管料

預け入れ配送料は大型のモノを預ける場合は必要になる事が多いです。しかし、月額保管料が店舗型のトランクルームに比べて安いので、トータルの保管料で見ればコスパは良いです。

4.月額費用

誰でもお得な安いプランがいいですよね。自分の予算に合ったプランを選びましょう。

基本的にはどの会社を選んでも、店舗型のトランクルームに比べると安価なことが多いです。なぜ安価かというと、屋内型のトランクルームは郊外の土地代が安い所に保管するため、固定費を低く運営する事が出来ているからです。

5.写真撮影プラン

業者のスタッフが写真を撮影してWEBに登録してくれるプランがあります。この神サービスを利用しない手はありません。対応している会社も多いため、利用前に確認してみてください。

預けている物を後から写真で確認できなかったら、何を預けているかすべて覚えていられますか?

ショウヤ
私は覚えている自信がないので写真撮影プランしか利用していません。きれいに撮ってくれるのでお勧めです。

6.最低利用期間

基本的にサービス利用開始から最低でも何か月か利用を続けなければいけません。最低利用期間が2か月だとして、やむを得ず2か月以内に荷物を織り出す場合は早期取り出し料が別途かかります。

賃貸物件も最低1年は住んでくださいね、って契約があったりすると思います。それと同じですね。

長期利用の場合はあまり気にする必要がありませんが、短期で取り出す場合は確認しておきましょう。中には最低利用期間が設定されていない会社もあります。

7.取り出しにかかる日数

宅配型トランクルームでは取り出しの依頼から手元に届くまで最低でも1日以上かかります。

手元に届くまでの期間はサービスによって若干異なります。最短翌日のところもあれば、数日かかるところもありますので、早く取り出したい人は取り出しにかかる日数を確認しておきましょう。

8.空調設備

保管されるスペースで空調設備があるかどうかも確認しておきたいです。ほとんどの所は温度と湿度を管理していますが、一部のサービスでは空調なしの場合もあります。

大事な荷物が痛まないように、できれば空調のあるサービスを選びたいですね。

9.自前段ボール使えるか

専用のボックスしか使えない場合は、実際に預け入れるまだの工程が長くなります。ボックスを自宅に配送してもらう必要があるからです。

手元にある手ごろな段ボールが使えたらすぐに申し込みできて、ボックス待ちの時間がなくなります。自前の段ボールを使いたいのであれば、使うことができるサービスかどうか事前に確認しておきましょう。

宅配型トランクルームを使う時の収納のコツ

1.写真撮影付きのプランを選ぶべし

収納の考え方で大事なのは、次使う時のことを考えておくことです。預けたものは次必要な時に使えないと意味がありません。

そのためにはトランクルームに預けている物を把握しておく必要があります。半年、1年と経つと忘れてしまう可能性が高いので、画像化してもらえるサービスは極力利用しましょう。

ショウヤ
写真を撮ってもらっても価格はそこまで上がらないので、金額をあまり気にせず頼むことができます。

2.湿気対策をして預け入れるべし

大事な荷物を守るには湿気対策をしてから預けた方が無難です。

ほとんどの宅配型トランクルームでは保管倉庫に空調がついています。しかし一部の倉庫では温湿度管理されていない所もあります。

預ける段ボールには除湿剤を同梱しておくなど、自分でできる対策はなるべくしておくようにしましょう。

まとめ

宅配型トランクルーム10社の比較を行いました。

収納スペースを手軽に増やせるサービスなので、おうち時間のクオリティが確実に上がります。どの会社も特長があるので自分に合ったサービスを選んでみてください。

10社もあって選ぶのが大変!という場合は、小型荷物ならサマリーポケット、大型荷物なら宅トラ

がおすすめです。

 

 

-宅配型トランクルーム

© 2021 トランクルーム収納の道しるべ Powered by AFFINGER5