トランクルームの基本 整理収納

ビデオデッキのレンタルってできるの?費用はいくらかかる?

悩む人
家にあるVHSやビデオテープをダビングしたいんだけど、デッキがない。

レンタルもあるらしいけど、どこでできるのか、費用がどのくらいなのかよくわからない。

デッキを買うしかないのかなあ

こんな悩みにこの記事でお答えします。

まずはじめに…

ざっくり結論

ビデオテープの本数がそんなに多くないなら、代行サービスが安くてラク!

本数がたくさんで急いでいないなら、安いデッキと備品を買って自分でやると安くつく!

以下で詳しく解説します。

ショウヤ
整理収納アドバイザーのショウヤです。ツイッターもやってます。お問い合わせはこちらまで。

 

ビデオデッキのレンタルサービスは存在するが割高

ビデオデッキを家に持っている人は少ないこともあり、レンタル事業は存在します。

ネットで注文できるサイトとしては「でんすけレンタル」があります。

ここでは、ダビング用にデッキとキャプチャをセットで貸してくれるサービスがあります。

ちなみにキャプチャというのは、ビデオデッキとパソコンを繋ぐケーブルのことです。

パソコンがない方向けに、パソコンなしでSDカードにダビングできるレンタルセットもあり、用意されているサービスの幅は結構あります。

やっぱり、メインの需要はダビングなんだと思います。

レンタルサービスの価格

レンタルしてくれるのはありがたいんですが、ぶっちゃけ結構高いです。

画像はでんすけレンタルさんのサイトです。

2泊3日で1万円超えるのでデッキ買うのと大差ないというか、1万円しなくても中古のデッキは買えます。キャプチャ用の機材もついてますが、これも数千円で買えるので、両方買ってもレンタル料と大きな差は出ないと思います。

ただ、ダビングが終わったらデッキを使うこともないので、新しく買ってもどうせすぐ使わなくなるという問題はあります。これはレンタルならすぐ返すので、逆に有難いですね。そういう意味で価格設定たかめなのかな・・・。

自分の手でやりたいって人は利用するのもアリだと思いますが、コストや手間だけを考えたら個人的には代行でいいような気がします。

 

代行サービスは楽でコスパ良い

最近はダビング代行サービスが結構安く利用できます。

ネットから申し込みができて、ビデオテープを郵送で送ってしばらくしたらダビングし終わったものが送られてきます。

この業界大手の【ダビングコピー革命】では、納期は標準30日くらいと言われていますが、早くしたいときは相談可能みたいです。8日後には手元に届いたという話も聞いたことありますし、それより短い期間希望でも場合によってはやってもらえるらしいです。

金額は1本499円からで、結構安い。

10本あってもデッキを買うことを思ったら普通に安いし、作業も代行してもらえるからとっても楽。

ただ、何十本、何百本とある場合はかなりの金額になるので、お金を節約したいならビデオデッキを用意して自分でちょっとずつ作業するのがいいのかなと思います。ただ、めちゃめちゃ作業時間はかかると思うので、めんどくさくてやってられん!って人はお金払って代行もアリですね。



まとめ

デッキのレンタルと代行サービスについて紹介しました。

ガジェットをいじるのが好きで、自分でダビング作業をやってみたいって人はレンタルしてみるのもいいと思います。ただ、デッキを持っていないのであれば、コスパや手間の楽さを考えたら代行を利用するのが一番いいと思います。

ビデオデッキはもう新規に生産されていないから入手するのが大変ですからね。

いつまでも再生できないビデオテープが家にあっても困りますし、ダビングして家をスッキリさせていきましょう!

-トランクルームの基本, 整理収納

© 2021 トランクルーム収納の道しるべ Powered by AFFINGER5